ページトップへ

予 納 金

ページのご案内

| 破産事件 | 手続の流れ | 関連効果 | 多重債務 | 債務整理 | 民事再生 | 弁護士費用 |

予納金

破産手続きを申し立てる際、裁判所に納付する金銭です。

個人の同時廃止事件

破産管財人が選任されない事件です。
個人破産のほとんどはこの事件です。
予納金は福島地方裁判所郡山支部の場合、12,000円前後です。

個人の管財事件

個人で資産等を有しているためにその資産を売却して債権者に配当する必要がある事件です。
債務額が5000万円未満の場合は30万円から50万円が必要になります。
債務額が5000万円から1億円未満の場合は80万円です。
債務額が1億円から5億円未満の場合は150万円です。
これは分割納付ができませんので受任時に一括でご用意いただく必要があります。
管財事件になる例は多くありませんが、詳細はご相談の際に説明いたします。

法人の管財事件

会社等の法人の場合は、必ず管財事件になります。
債務額が5000万円未満の場合は50万円から70万円が必要になります。
債務額が5000万円から1億円未満の場合は100万円です。
債務額が1億円から5億円未満の場合は150万円です。
債務額が1億円から5億円未満の場合は250万円です。
これは分割納付ができませんので受任時に一括でご用意いただく必要があります。