ページトップへ

民 事 事 件

ページのご案内

| 調停の詳細 | 調停の流れ | 訴訟の詳細 | 訴訟の流れ |

民事事件の内容

個人間の法律上のトラブルのことを言います。
たとえば、お金を貸したのに返さない、交通事故にあった、勝手に登記を移転された、買ったものが欠陥商品だった、等々。

家事事件との相違

個人間の法律上のトラブルのうち、夫婦、親子、男女間といった家庭や異性間のトラブル、遺産相続、遺言等の問題は、家事事件といいます。

民事事件の解決方法

個人間での話し合い、民事調停、民事訴訟、という方法があります。

個人間での話し合い

個人間での話し合いにより解決が図られることもあります。
しかし、紛争が生じた当事者同士なので話し合いがまとまる可能性は低く、逆に紛争を拡大させてしまうこともあります。
できれば、法律上の手続によることが望ましいといえます。

民事調停の内容

個人間のトラブルの当事者の一方が管轄の簡易裁判所に紛争解決を目的として申し立てます。
ただ、当事者間の合意が必要で、合意が形成されないときは、手続きは終了になります。
上記の民事調停の詳細をご参照ください。

民事調停の手続

上記の手続の流れをご参照ください。

民事訴訟の内容

当事者の一方が原告になり、相手方を被告として裁判所に訴訟を提起して紛争を解決する手続です。
合意の形成を目的とするのではなく、いずれの主張が認められるかの判断を行う手続きです。
上記の民事訴訟の詳細をご参照ください。

民事訴訟の手続き

上記の手続の流れをご参照ください。